【小春カフェ】どこか懐かしいノスタルジーなカフェでゆっくりしたい

小春カフェ 正面 カフェ
The following two tabs change content below.
モヒャコ

モヒャコ

未開拓の場所でもおいしいものを探すのが得意。なので前世はきっとトリュフ豚。

こんにちは!モヒャコです!

突然ですが、みなさんは疲れた時どこへ行きたいですか??

例えば温泉でまったりしたいとか、ちょっといいお店に行っておいしいものに舌鼓を打つとか、自然のある田舎で過ごすとか…。

そう、田舎!

行きたくなりますよね???都会の喧騒から離れて、ノスタルジックな空間でぼーっと過ごしたいですよね??で、雑多なことは忘れて、おばあちゃんの手作りの、体に優しいごはんなんて食べたくなりますよね??!

叶えましょう。そう、十日市なら叶っちゃうんです!!

小春カフェ

静かな住宅街の一角に素敵な建物が佇んでいます。

お目当てはここの週替わりランチ。さぁ、お昼ご飯はなーにかなっ??

 

豚のしょうがやき~!!

ガッツリかつ生姜で体もよろこぶ、王道の家庭的メニューですね~!これにしよっと!

「ごめんくださーい!」

 

わぁ、店内のこの雰囲気。懐かしくて、妙に落ち着く…。

 

店内への光の入り方が綺麗なのかな。

とても穏やかな昼下がりが、そこにありました。

 

どこかで感じた懐かしい空気。

こんな空気の中でぼぅっとして、時間なんて止めて過ごしたいなぁ。。

…おや??

 

…ほんとに時間が止まってる。いい演出だなぁ。

 

他にも飾ってあるものがおしゃれなのはもちろん、

「あ!これおばーちゃんちにあった気がする!」

って思っちゃうノスタルジーなものでいっぱいなんです。

 

たとえばこんなダイヤル式のラジオとか…

 

大切にとっておいてくれた、昔のお絵かきだったり…

 

あ!昔よくこれで遊んだね!こんなものまで取っておいてくれたんだなぁ。って思っちゃうようなおもちゃとか。

ここに来る人たちの故郷は違うけれど、でもきっと、みんなが覚えてる懐かしいもの。

そんなもので溢れているのは、ここだけなんじゃないのかな。

そんな事をぼんやり考えていると…

店員さん「お待たせしましたー。しょうが焼き定食です。」

「わぁー!!いただきます!」

 

実食

…お野菜がたくさんで、色合いがとてもキレイ。

お肉も大ぶりに切ってあって、とってもボリューミー!

 

そういえば、おばあちゃん、もうお腹いっぱいになるからって断っても、よくこれでもかって位、お肉のおかずよそってくれたなぁ。

お味噌汁も具沢山。さつまいもがお汁の中からたくさん顔を出してくれた時、思わずニッコリしちゃっいました。それに白味噌だからかな、体があったまるなぁ…。

にんじんドレッシングも手作りの優しい味がする。

…あぁ、最近外食続きで、こんなに優しいごはん食べたの久々だなぁ。。

じーんとしつつもモリモリ食べておなか一杯!

ごちそうさ…まはしません!笑

 

 

実は、ランチには300円でクリームぜんざいを追加できるのです(夏季商品につき、今年分は10月末で終了)

つめた~い!昔ながらの甘味処の味がする~~!!

クリーミーだけどしつこくなくて、もっと味わっていたいのに雪のように軽やかに溶ける。

つまり、いくらでも食べられちゃうってことですよ!!!

ちなみに単品でも取り扱いがあります♪毎年夏はこのぜんざいを目当てにくるお客さんが非常に多いそうです。^^

しかもお持ち帰りもできるとか。

ランチを食べていると、

近所の方「ぜんざいまだ残っとるー??持ち帰り用を4個お願いなー!」

店員さん「はいー!今混んでるので、ちょっとお待ちください~」

というやりとりがありました。いいなぁ。私も近所にこんなお店ほしい…。

 

※奥に見えるのが、攪拌してぜんざいを作る器械です。古き良き時代の面影を残す大きな器械は見ごたえアリ!)

 

デザートも食べたし、よし帰ろっと思いかけましたが、でももう少し居たくて…

自家製の梅シロップジュースがある!!目にした瞬間、おばあちゃんが初夏に採れた梅を氷砂糖に漬けるさわやかな映像が脳裏を掠めました。

頼むしかない!!

 

梅シロップも実食

「…はー。甘酸っぱくてさわやか。」

ほんのり香る梅のにおいがやさしく鼻をくすぐります。

「ほんと、いつまでもいられちゃうなぁ。」

けれども、そろそろ日が翳り始める時間。もう夕方が近づいてきています。

…そろそろおうちに帰らなきゃね。

おばあちゃん家から帰るのって、いつもなんだか寂しくて、名残惜しかったなぁ…。

しょんぼりしてしまいそうになりましたが、またいつでもここに来れるって思うと、明日からまたがんばれそう。

店員さん「ありがとうございました。またいつでも来てくださいね。^^」

いつでも行ける距離にこんな場所があることで、心の幸福度ってきっと全然違ってくる。

そんな心のふるさとのようなノスタルジーカフェに、皆様もぜひ行ってみてください♪きっと子供のころの気持ちを取り戻してリラックスできますよ。

 

小春カフェ

広島県広島市中区榎町11-1

営業時間 11:30〜16:00

営業日、定休日は変更になる可能性あり。詳しくは小春カフェのFACEBOOKページでご確認ください。

定休日 木曜日 082-942-5861

The following two tabs change content below.
モヒャコ

モヒャコ

未開拓の場所でもおいしいものを探すのが得意。なので前世はきっとトリュフ豚。

コメント

タイトルとURLをコピーしました